バーベキュー食材大辞典
丸鶏

丸鶏

丸ごと一羽の鶏を指すが、国内では一般的に「中抜き」と呼ばれた頭/羽/内臓を取り除いたものが販売されている。ハレの日のお祝いメニューで人気のローストチキンやロティサリーチキンは丸鶏で作ることが多い。バーベキューでも蓋付きの大型グリルやダッチオーブンがあるなら、参加者が盛り上がること間違いなしの丸焼きメニューにチャレンジしたい食材。クリスマスなどシーズンによっては食品スーパーでも見かけることがあるが、ネットショップで買い出しするのが便利で確実。

おすすめの調理方法

ダッチオーブン

様々な塊肉をジューシーに仕上げてくれるダッチオーブンがあるなら、まずは丸鶏を試したいところ。塊肉の中ではリーズナブルで、肉汁が爆発するほどのジューシーさは他の調理法では難しい。丸鶏のサイズによるが水分と脂が跳ねる音が囁くような程度の弱火でじっくり30分~1時間ほど加熱すると上手に仕上がりやすい。

炭火焼

蓋付きの大型グリルがあるなら、炭火・網焼きも選択肢の一つ。炭火と鶏肉の相性は全国津々浦々で繁盛する炭火焼き鳥屋が証明している。まずは全体に強火/近火で焦げない程度に焼き目を付けて炭を減らし、蓋をして弱火でじっくり長時間焼き上げると上手に仕上がりやすい。

注意点

・丸鶏ほどの大きな塊肉になると、バーベキュー初心者はつい強火で加熱しすぎてしまいがちだが、そうすると最大の特長の肉汁が飛びすぎてしまう。時間がかかることは承知の上で、弱火でじっくり加熱すべき食材。

・ダッチーオーブンやグリルのサイズに合った丸鶏を選ぶこと。特にグリルの場合は丸鶏の大きさが3分の1程度におさえないと焼きムラの原因になる。

この食材を使ったおすすめレシピ

pagetop