準備 必見!バーベキューに必要な飲み物の量とは?

バーベキューの準備の際、食材や飲み物をどれくらい用意しようか、迷った経験はないですか?
特に、飲み物に関しては、お酒を飲む人もいれば、子供やお酒を飲まない人もいるので悩ましいですよね。
今回は、バーベキューのときに不足なく楽しめ、また大量に余ったりしないように、人数と飲酒の有無に合わせた、飲み物(お酒・ソフトドリンク)の最適な量をご紹介します。

必見!バーベキューに必要な飲み物の量とは?

人数によって必要な飲み物の量とは!?

まずは、お酒について検証していきましょう。
そもそも、日本人は1回あたりどれくらいの量のお酒を飲むのでしょうか。
酒類総合研究所が平成21年に調査したデータによると、1回の平均飲酒量(日本酒換算)は1人あたり1合未満が最も多く、1~2合未満が続きます。全体的に男性のほうが女性よりも多く飲むこともわかりますね。ちなみに「日本酒1合」のアルコール量は、ビール約500mlに相当します。
ということは、開放的な気分でおいしい料理を楽しむバーベキュー、ついついお酒が進んでしまうことを考慮すると、1人あたりビール350ml缶を2~3本程度用意すれば、みんなが十分楽しめそうです。

平均飲酒量(日本酒換算)

平均飲酒量(日本酒換算)

また、ソフトドリンクもお忘れなく!
普段からお酒を飲まないという方や、ドライバーや妊娠中の方などお酒を飲めない人、20歳未満のお子さんなどには、1人あたり約1リットルのソフトドリンクを用意しましょう。

また、お酒を飲む人に対しても、酔い冷ましのためにソフトドリンクを途中で飲む場合を考慮し、1人あたり約500mlリットルを目安に、お茶や水を持っていってくださいね。

人数と飲酒の有無から算出!お酒とソフトドリンクの最適な量

人数と飲酒の有無から算出!お酒とソフトドリンクの最適な量

実際に、バーベキューで用意するお酒とソフトドリンクの量の目安を算出してみましょう。
まずは、大まかでも構わないので、お酒を飲む人と飲まない人の人数を把握することが大切です。人数がわかったら、下記の計算式に当てはめればOK。端数はメンバーの顔を思い浮かべて、調整してくださいね。
バーベキューのシチュエーションを想像して、実際に計算してみましょう。

本数計算式

休日に家族3世帯でバーベキュー

参加者は、全部で10人。内訳は祖父母、長男家族3人、長女家族5人です。
お酒は大人4人が飲み、飲まないのは残りの6人、これを式に当てはめます。

休日に家族3世帯でバーベキューの場合

少年野球チームの打ち上げバーベキュー

参加者は30人。内訳はコーチ5人、父母8人、こども17人です。
お酒は大人9人が飲み、飲まないのは残り23人、これを式に当てはめます。

少年野球チームの打ち上げバーベキューの場合

ビール以外のお酒は?

ビール以外のお酒は?

ビール以外のお酒は、参加者の好みに合わせて、ビールの量と調整します。焼酎や梅酒、ウイスキーを用意するなら、お茶や水、ジンジャーエールといった割り物を多めに準備しておきましょう。氷もお忘れなく。
ドライバーの方には、ノンアルコールビールやノンアルコールカクテルがあると喜ばれますよ。

参加者の半数がお酒を飲む人の場合

酒量が多めの人が半数を占めるときは、「この量では足りない!」という声も挙がるかもしれません。参加者の構成をみて、お酒の量を増やしましょう。
ただ、ビールばかりを追加しても飽きてしまう…、という可能性があるので、チューハイなどのバリエーション豊富なアソートセットを用意するのもオススメです。色々な味があるので、新しい味わいとの出会いがあるかもしれませんね。
amazonでは、人気のチューハイ「-196℃ストロングゼロ」や「こくしぼり」がセットになった、オリジナル飲み比べセットが販売されています。追加するお酒にオススメなので、事前に買っておくといいですね。

ドリンク調達のヒント

事前にバーベキュー会場の近くにコンビニやスーパー、自販機があるかを調べておきましょう。あれば、少なめに用意しておき、メンバーの飲むペースに合わせて買い足します。冷やす手間も省けるので、おすすめです。
また、あまりにも準備する量が多すぎる!という場合は、リカーショップなどに頼んでバーベキュー会場に配達してもらうのも一つの方法。バーベキュー会場まで配達が可能か、前もって相談しておくとよいですね。
例えば、「カクヤス」では首都圏エリアに冷えたビールを1本から無料で配達してくれる、屋外配達サービスがありますよ。(東京・神奈川・大阪限定)
カクヤス バーベキューでの宅配サイト

お酒を飲む参加者が多い場合は、缶以外のお酒も持って行こう!

お酒を飲む参加者が多い場合は、缶以外のお酒も持って行こう!

お酒が好きな参加者が多い場合、ビールやチューハイ以外のお酒を持って行くと、バリエーションも増えて、さらにバーベキューが盛り上がります。30人参加のバーベキューを例に、どんなお酒をどの程度持って行けばいいのかご紹介します。

バーベキューでワインを調達するときは?

バーベキューでワインを調達するときは?

肉や魚の味わいを一層深めてくれるワイン。食材に合わせてワインの味わいを選ぶのも楽しいですよね。
750mlのボトルワインは、1本で約6杯(1杯125ml)注ぐことができます。参加者30人の場合、半数の15人に1杯ずつワインを楽しんでもらうには、3本程度のボトルワインが必要です。
ここでオススメしたいのは、3Lの大容量バッグインボックス。これ1本で、ワイン4本分、約24杯に当たります。15人なら1杯ずつ注いだ後、おかわりもできちゃいます。
サントリー「カルロ ロッシ」なら、スムーズな口当たりでどなたでも楽しめる味わい。また、赤・白・ロゼが揃います。バックインボックスなので、蛇口から簡単に注げて面倒なコルク抜きも不要。飲み終わったら、紙パックを分解できるので、ごみ捨ても簡単です。大人数バーベキューには、バックインボックスの「カルロ ロッシ」がオススメです!

バーベキューで日本酒・焼酎・梅酒を調達するときは?

ボトルに入ったお酒といえば、日本酒や焼酎、梅酒がありますよね。
日本酒や焼酎は、ビールやワインに比べてアルコール度数が高いため、適量をゆっくり味わいたいという人が多いです。1人あたりのお酒の量は、それほど多くなくてよいので日本酒(90ml)、焼酎(120ml)を目安にしましょう。

例えば、参加者30名のうちお酒好きのメンバーが半数いる場合は、日本酒は、4合ビン(720ml)を2本用意すれば、15人が大体90ml弱のお酒を味わえます。

90mlは、横幅:6.5㎝、縦幅:7.3cmのサイズのコップに入る量です。よく、試飲のときに提供される紙コップのサイズが90mlになっています。お猪口(60ml)より、少し多めの量になりますね。他のお酒も加味し、このくらいの量が適量かと思います。

焼酎は、1升ビン(1,800ml)1本で、15人に120mlの焼酎が行きわたります。一般的に、焼酎水割りを1杯作る場合、6(焼酎):4(水)が美味しいと言われています。1人2杯ほど飲めれば良いと仮定し、1人あたり120mlがゆきわたれば、十分楽しめる量になると思います。

また梅酒の場合、市販のものはアルコール度数が7~8度や、ワインと同じ12度などまちまちです。また、甘みがありたくさん量を飲めないので、300mlくらいの小さいサイズをアクセント程度に用意することをオススメします。
焼酎や梅酒は、水割り・お湯割り・ソーダ割と、飲み方のバリエーションが豊富な点も魅力です。水や氷、お湯、お茶、炭酸水、ジンジャーエールといった割り物は、ぜひとも用意してください。

お酒をあまり飲まない人が多い場合のソフトドリンク量

一方、もともとお酒を飲まない人、お酒が飲めない人が半数いる場合は、ソフトドリンクの量に配慮してください。
例えば、30人参加のバーベキューで、半数の15人がお酒を飲まない場合。前半で紹介した目安で計算をすると、2L入りのソフトドリンクを、11本程度用意すると良いですね。
また、暑い夏の時期などはより多くの水分が欲しくなりますし、途中からソフトドリンクに切り替える人もいることも考慮して、季節や参加メンバー次第で増やしておくと安心です。
また、「お酒は飲むけどあまり量は飲めない…」という人がいる場合は、低アルコールもしくはノンアルコールのチューハイがオススメです。
amazonでは、アルコール度数3%のチューハイ「ほろよい」や、ノンアルコール カクテル・チューハイテイストの「のんある気分」の飲み比べセットも。便利なので、ぜひ活用してみてくださいね。

まとめ

バーベキューの飲み物の準備をする方は、何本必要なのか悩むことが多く大変だと思います。また、大量に飲み物を購入した場合は運ぶのも大変。頑張って大量の飲み物を運んだのに、結局たくさん余ってしまった……という事がないように、今回ご紹介したお酒やソフトドリンクの量の目安はぜひ覚えておいてください!
バーベキューの飲み物準備は、お酒を用意することがメインになりがちです。でも、お酒が飲めない人や未成年がいる場合はもちろん、きちんとソフトドリンクも用意して、参加者全員が楽しめるバーベキューにしましょう!
参加者の顔ぶれやバーベキュー当日の気温なども踏まえた微調整もお忘れなく!
商品協力:
サントリービール(株)
サントリーワインインターナショナル(株)
※この記事の内容について、日本ハム株式会社及びBBQGO!編集部は監修を行っておりません。
※この記事内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。ご利用により、お客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については、一切責任を負いません。
※詳しくは、当サイトの「利用規約」をご確認ください。

プロフィール

津曲 克彦

津曲 克彦

酒類関係の出版社にて、主に広告関係の企画提案や記事執筆などを担当。
ビールの魅力を紹介する記事広告を多く手掛け、様々なビールのジャンルにも精通している。
現在はフリーライターとして、旅行誌やブライダル関係などのライティングもおこなう。
この記事を気に入ったら SNSのアカウントをフォローしよう!
この記事を気に入ったら SNSのアカウントをフォローしよう!
国内最大級のバーベキュー情報サイト「BBQ GO!」のSNSアカウントです。バーベキューに役立つ情報やキャンペーン情報をお知らせしています!
アイコンについて

こだわり

  • おすすめグルメ
    おすすめのバーベキューメニューがある。
  • おしゃれ
    きれい・おしゃれなおすすめのバーベキュースポット。
  • 手ぶら
    道具も食材も現地調達可能。何も持たずにOK。
  • 食材持込可
    食材・飲料をスポットに持込可能。
  • 道具持込可
    道具・用品をスポットに持込可能。
  • 道具レンタル
    道具・用品を現地で調達可能。
  • 子供レジャー
    子供も参加できるレジャーや遊具、アクティビィがある。
  • 駅近10分
    最寄り駅から徒歩約10分圏内にある。
  • 駐車場あり
    敷地内に駐車場がある。
  • 屋根あり
    屋根やタープがあり、強い日差しや雨も安心。
  • レジャー
    バーベキュー以外に楽しめる施設・アクティビティがある。
  • 海水浴・
    川遊び
    近くに海水浴場がある。入って楽しめる川がある。

ロケーション

  • 海・海岸
    海・海岸に近いスポット。
  • 湖・湖畔
    湖・湖畔に近いスポット。
  • 川・河畔
    川のそばにあるスポット。
  • 山・林・高原
    山間・林間や高原にあるスポット。
  • 公園
    公園や公園に隣接するスポット。
  • 都市・街中
    都市部にあるスポット。
  • 水上・船上
    水上、船上でBBQを楽しめるスポット。
  • 室内・テラス
    室内・屋内・テラスでBBQを楽しめるスポット。
  • 屋上
    ビル等の屋上でBBQを楽しめるスポット。
当サイトに掲載する記事内容は専門機関・団体等への取材や一般公知の情報などに基づきご提供しておりますがお客様の個別の状況に必ず当てはまるものではありません。
また、掲載内容はすべて取材当時の情報となりますので、実際と異なる場合があります。予めご了承ください。
当サイトのデータおよび記載内容のご利用は、上記の前提および免責事項をご理解の上で、全てお客様の責任において行ってください。
当サイトのご利用により、お客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については、一切責任を負いません。
  • 「国産鶏肉 桜姫(R) ソテー料理「基本」篇」絶賛配信中!バーベキューにピッタリの国産鶏肉『桜姫(R)』CM
  • 「国産鶏肉 桜姫(R) ソテー料理「基本」篇」絶賛配信中!バーベキューにピッタリの国産鶏肉『桜姫(R)』CM

pagetop